集英社 学習漫画「日本の歴史」を詳しく

集英社の学習漫画「日本の歴史」は全20巻・別巻3巻の計23巻

集英社 日本の歴史学習漫画シリーズ集英社の学習漫画「日本の歴史」シリーズは、全20巻・別巻3巻の計23巻で構成されています。
2010年の全面改定で、それまで1巻だけだった旧石器時代・縄文時代・弥生時代が2巻に増えました。

全巻セットで買うと、計23冊で22.260円。
1冊ずつそろえた場合、1冊893円×全20巻 + 別巻3冊分(1260円+1575円+1575円)=22.270円。
ですから、セットで買った場合10円だけお得、ということになりますね(笑)。

全巻セットを並べてみると、こんな感じになりました。一般的なカラーボックス1段目にシリーズ20巻が並び、別巻3巻のみ2段目に並ぶくらいで収まります。想像していたよりコンパクトに収まって驚きました。

集英社の強みは、最新の資料&最新の学習指導要綱に基づいていること!

集英社 学習漫画日本の歴史集英社の学習漫画「日本の歴史」を選ぶメリットは、
ズバリ最新の資料に基づいている!ということです。
2010年に全面改訂版が発売されている、というのはこれから新たに購入するに当たって、大きなポイントになることでしょう。
2008年の学習指導要綱で、小学6年生での社会科の内容として
・「狩猟・採集時代の生活(小6)」
  狩猟・採集や農耕の生活、古墳について調べ、大和朝廷による国土の統一の様子が分かるこ と。 その際、神話・伝承を調べ、国の形成に関する考え方などに関心をもつこと。

という項目が追加されたのを受け、それまで第1巻だけで取り上げていた縄文時代・弥生時代を2巻に増やし、弥生時代の生活の様子を詳しく伝え、古墳づくりの様子も詳細に描写するよう、改訂をくわえています。

また、最終巻20巻には昭和後半から平成の出来事を掲載。『壊されていく自然』『政治改革』『阪神淡路大震災』『サリン事件』なども取り上げられています。

ストーリーが読みやすい

集英社の「学習漫画日本の歴史」は非常に読みやすいのが特徴です。
ストーリー仕立てになっているので、子供でもすんなり物語に入っていける「軽快さ」があります。
反面、深いところまで描写されていないとの指摘もありますが、小学生が歴史を流れとしてとらえるには十分な内容ですし、読んでいて苦にならないので歴史に親しみをもって接するツールとしては十分な内容です。

リアルな絵

集英社 学習漫画日本の歴史 絵がリアル漫画チックな絵の小学館に比べて、集英社の絵はリアルです。
ただし、生首とか血がぼとぼと出血してる絵はありません(笑)。それでもウチの娘は「戦闘シーンはちょっと怖い」んだそうです。
お子様がどちらの絵を好むかというのも、学習漫画を買う際の一つのチェック項目かもしれませんね。

集英社学習漫画「日本の歴史」には文庫本もあります

集英社の学習漫画「日本の歴史」には文庫サイズのシリーズも発売されています。元来の学習漫画「日本の歴史」をそのまま文庫サイズにしたもので、絵が小さくはなりますが、場所を取らず携帯にも便利です。
またお値段も全10巻そろえても5996円というお安さです!
さすがに絵が小さいと読みにくいので小学生のお子様向けに購入される方にはおススメできないのですが、中学生になってから購入する・電車の中で読むなど用途がお決まりの方には便利かと思います。
文庫サイズの「日本の歴史」シリーズは大型書店にしかおいていないので、購入はネット書店が便利です。


集英社には「世界の歴史」シリーズもあります

集英社には、「世界の歴史」シリーズもあります。
残念ながら小学館には「世界の歴史」シリーズは発売されていないので、同じシリーズでそろえたいとお考えの方は「日本の歴史」シリーズも集英社でそろえるのがおススメです。
ちなみに集英社「世界の歴史」シリーズにも文庫シリーズが発売されています。


集英社なら新品で買おう

前頁でも説明したように、集英社の「日本の歴史」シリーズを買うメリットは「最新の資料に基づく最新の内容」であるということ。それなのに、中古で発行年数の古いものを購入しては意味がありません。
確かにオークションや古本屋さんで中古で買ったら安いんですけれどね。集英社なら、新品をおススメします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ